So-net無料ブログ作成

よけいなことかもしれないが [これからの官庁のありかた、これからの経済学]

これからの官庁がなすべきことは、予算をつかいきることではない。
予算をいかにあまらせるか。
次年度へどれだけくりこせるか。
予算のよりおおくをあまらせた部署ならびにその長(おさ)こそを、有能として評価する。
このかたちにかえるべきではなかろうか。

これからの大学における学究。
たとえば経済学。
教科書化をうたがいもしない学問と化した。
経済は日々、いきているにもかかわらず!
経済学の解釈学になりはてた。
それもU.S.A.仕込みである。
この学問をいきた学問たるべく蘇生再興するにはどうするか。

たとえば北千住にはふるい家屋がならぶ。
震災がきて、火災がおこれば、まちがいなく延焼し、じんだいな被害をだすことはまちがいない。
その地域を震災につよい町にはできなくとも、震災からの損害をよりすくなく、くいとどまらせるのか。
この可能性。
その指針。

私有財産がからむであろうし、さまざまな問題をはらむ。
経済学をもし経世済民の学問であるとするならば、それをさぐらぬ手はなかろう。
法律の知識も建築の知識もひつようになろう。
その学際をになう。
苦言の提出。
学問が堂々とできる課題である。
これこそが経済学ではあるまいか。


nice!(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0