So-net無料ブログ作成
検索選択

ひれかつ [御徒町]

30年まえになるだろうか、御徒町の蓬莱屋でひれかつをたべた。
ぽん多もそのころであったとおもう。
いずれもみるからに上質なひれかつであった。
ともにころもはうすい。
蓬莱屋よりもぽん多のほうが揚げる温度がひくいせいか肉の色がちがう。
ころもとてまったくちがうわけなのだけれども。
ロースがすきなので、あのひれの上品さというか、脂っけのなさが単調におもえたのをおぼえている。
そして10年ほどまえに蓬莱屋へいった。
むかしの記憶が強かったのか、あまり印象にはのこらなかった。
30年まえといえば、蓬莱屋のひれかつは高価であった。
その印象がつよく、なかなか暖簾をくぐれなかった。
わたくしの舌がこえたのかどうかはわからないけれど、ただのひれかつになっていた。
食は舌ではなく、脳でたべている。
それほどにとんかつは一般化し、ひれもまたおおくのひとの口になじんだということなのだろう。
裕福になった。



nice!(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0