So-net無料ブログ作成
検索選択
言葉と学問 ブログトップ

数学、算数が苦手なわけは [言葉と学問]

数学、算数はおもしろい学問だとおもっている。
なぜ苦手な人が、これほど多いのだろう。
教える人に、つまらない者がなるからではなかろうか。
算術を無味乾燥にしている元凶は、それを教えるひとがそもそも楽しんでいないからである。
児童、生徒が学ぶものは、すくなくとも答えのある学問だ。
答えをみちびきだすことは、いわばパズルと同質ではあるまいか。
楽しいはずのものである。
それが楽しくない。
むしろ苦痛だといわしめる。
多くの教諭がすでに算術の楽しさを忘れてしまっているからである。
学問はつまり楽しさを語り継ぐことでしかない。
理科系、文化系というくくりもまた、まちがってはいまいか。
理科と数学は数字をあつかうからと同じように語られる。
が、似ているということは、あきらかにちがう、ということのはず。
学問とは、答えのあるもの、と、答えが見いだせていないもの、とでくくるべきである。


nice!(0) 
共通テーマ:学問
言葉と学問 ブログトップ