So-net無料ブログ作成
検索選択
サッカー ブログトップ

ごっつぁんゴール [サッカー]

ごっつぁんゴールというゴールがあるそうな。
めのまえにボールがころんできた。
それを蹴っただけ。
そうであろうか。

わたくしはそうおもわない。
きみがそこにいたからきめられたのだ。
きみがそこにいたから、きみがそこにきたから、きめられたのだ。

ボールが勝手にころんでなぞくるものか。
ここにいれば、ボールはくるかもしれない、と感じたから、きみはそこにいた。
たまたまかもしれない。
それだけのことである。
けれど、すばらしいゾ。

サッカーは判断。
ボールはくる。
かならずくる。
そう感じることがたいせつなのではなかろうか。
こないこともある。
ほぼこない。
たしかに。
でもこないからいかない。
その判断よりも、
くるかもしれない、だからいってみる。
という判断を優先してあげるべきではなかろうか、とおもう。

かんたんとおもわれるボールほどていねいに、かくじつにあつかうことをおわすれなく。


nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

サッカーがうまい、とはどういうことをいうのか 1 [サッカー]

ちびっことサッカーをしている。
そのときのおとなの反応が或るパターンを逸脱せず、多様さがないことにきづく。
うまい、とおもうか、へただとおもうか、そのいずれかでしかないようである。
うまい、とはどういういみなのだろう。
あのこはうまいなぁ、というあのこは、いったいどんなふるまいをしているのだろう。

ちびっこがおとなたちの想像をこえた仕掛けをしたとき、おとなはそのこに、「うまい。」という。
このときのおとなの反応はほぼひとしい。
ゴールへのパスをきめたとき。
とくにアクロバチックな仕掛けのときは異口同音。
そんなところだろう。
日々のなかで、たとえば、おとなしいとかんじていたこどもが、ひとりでゴールへパスをしかけたとき。
これなぞは、
「あんなプレーをするなんて、びっくりした。」
という。
反応はあるが、パターンをこえない。
そういうおとなたちにこどもたちはかこまれている。

つまらないのは、つまらないおとなが多いからにすぎないのではなかろうか。
それは球しかみていないから。
ゆえ、局面しかおえず、全般をみわたせない。
球のないところでのちびっこの活躍をまったくみていないからではなかろうか。
そうじてこのみかた、この邦においてはサッカーにだけあてはまるものではなさそうである。
欠落であり、まったくの訓練不足というしかあるまい。


nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

なぜちびっこはサッカーをやめるのか [サッカー]

なぜちびっこはサッカーをやめるのか。
わたくしはつまらないから、やめた。
小学生のころスポーツ少年団というのがあって、そこでサッカーをためした。
練習があって、ヘディングの練習をした記憶がある。
試合では左サイドバックスであった。
サイドラインぎりぎりの浮き球をボレーでうしろに蹴った。サイドラインをきらなかった。
その記憶しかない。
練習への参加はその日いちにちであったとおもう。
つまらないからやめた。

あのとき、いまのわたくしがなかまとしてちかくにいたとしたら、どんなふるまいをしただろう。
去る者は追う。
いまのわたくしならば、どうたいしょするだろう。
たぶんちびっこのわたくしのほうが頑固なきがする。
やっぱりスポーツ少年団をやめたであろう。

ちびっこがサッカーをやめる。
サッカーの本質であるゴールをあげるたのしさをたっぷりとあじわうことなく、去っていく。
わたくしがふたたびサッカーをはじめたのは30年後!!!であった。
たいがいはひととのわずらわしさのうちにやめていく。
サッカーはすきなのに、サッカーがきらいになる。
ほかのスポーツもおんなじであろう。


nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ
サッカー ブログトップ