So-net無料ブログ作成
ことば ブログトップ

哲学の役割 [ことば]

戦争を回避する。
そのために哲学は機能しなかった。
ひとが死のうとしている。
そのとき、哲学があれば、ひとは死なずにすむかもしれない。

哲学が有用かどうか、それはもんだいではない。
そも学問は有用なのかどうか。
津波がおしよせる。
それをもくぜんとしながら、学問は有用なのだろうか。
わたくしにはわからない。
逃げること。
生きのびること。
そこにこそ、哲学はあっていいのではないだろうか。
指針となるべきものをもっていてもいいのではないだろうか。
「津波といってもみんなさわいでないし、たいしたことはないだろう。」
同調性バイアスを結果的にみちびきだせたとしても、
次、おなじような状況になればおなじような行動をする。
それがひとである。
そうではなく。
ひとをたすけられるのはひとをおいていない。
だとすれば、まずたすかるひとがたすかること。
それをなによりも最善とする。

ひとをたすけようとしておなくなりになったひとはおおい。
もしあのときたすけにいかなかったら、のちの人生を後悔したであろう、というひとはおおい。
なぜか。
哲学が不毛であるから、ではなかろうか。
いのちはかけがえがない。
と反応するしか手段をもっていないから、にほかならないのではなかろうか。

もし、うごけないひとをたすけようとするときに。
たすけられるひとの命が巻添えをくわない方法こそをだいいちに想定するべきである。
ひとをたすけるにはたすけるひとがいきなければならない。
この決心をうながすためにこそ哲学は欠くことのできないものになるのではなかろうか。
あなたが死ねばたすけられる命はない。
いのちをたすけるのはいのち。
いのちがあってこそべつのいのちをたすけられる。
まずはたすかるいのちをたすけること。
それが最優先。
ひとをたすけることは次善かどうかではなく、なによりも優先はあなたがたすかること。
いきる。
核心はここにある。
哲学の息吹きがあるのではなかろうか。


タグ:哲学
nice!(0) 
共通テーマ:学問

閉塞 [ことば]

   閉塞

 いきぐるしいのは、いきぐるしいことばのつかいかた。
 なによりも、そのいいかたに、いきぐるしい。

 いきぐるしいのは、
 いきぐるしいいいかたをするからさ。
 そこにだぁれもきづかない。

 いきぐるしさは、
 そこからしかうまれない。

 不況だ、なんて、
 かってに不況にしておいて。
 みんなで、不況だ、不況だ、っていってるんだもの。
 そりゃぁ、不況にもなるだろう。

 ことばづかいをまちがっている。
 そのいいかたをまちがっている。
 そこにだぁれもきづかないから、やっかいなだけ。


nice!(0) 

職業に貴賎なし [ことば]

高等学校のとき同級生に治部袋君がいた。
一年生のころである。

倫理社会の授業であった。
格言についての作文があった。

治部袋君はそこで、職業に貴賎なし、を論じた。
どういう内容であったかはわすれてしまった。
ただ、すぐれた随筆であったことはたしかであった。
わたくしがなにについて述べたか不明である。
にもかかわらず治部袋(じんば)君の印象ははっきりとおぼえている。
さわやかな文章であった。
としをへて、職業に貴賎をもちたくないし、もたれたくない、ということであったとおもう。

治部袋君にもういちど読んでもらいたいナ。


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

全部のレベルで指導者がかわること [ことば]

ダルビッシュ有選手が、日本球界への警鐘(サンケイスポーツ球界ここだけの話)で。
メジャーリーグと肩をならべるためには、
「(アマチュア・プロの)全部のレベルで指導者が変ること。」
徹底さの見識はまるで西郷隆盛。
卓見である。

少年野球サッカーをみていると、てつづきやかたちにこだわってばかり。
ちびっこたちはプレイをちっともたのしんでいないじゃないか、といきどおるばかりである。
それはまさしく、そこにいる少数のおとなたちのせいであるからだ。

で、戦後、もし教育の現場で戦前学校で教鞭をとっていたひとたちが、いっせいにあたらしいひとたちにとってかわっていたら、と想像する。
司法はいうにおよばず、立法、行政、地方と、すべての公務員(高等文官試験合格者はもれなく)を戦後、刷新していたら、ニッポンはどうなっていただろうか、と想像する。

混乱はとうぜんあるだろう。
が、いまよりもすこしはましではなかったか、と想像する。


nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

さんま不漁 [ことば]

さんまがとれないという。
いままでどれだけのさんまをとってきたことか。
中国や台湾の乱獲にうつてなしという。
ひるがえってわが邦はいったいどれほどの乱獲をしてきたのだろうか。
ちっともかえりみない。
さんざ乱獲をしておいて、わがものがおで中国や台湾を揶揄する。
さんまをよろこんでたべるのはニッポンだけではない。
さんまのおいしさにみんながきづいたのである。
かれらはわが邦がたどってきたみちをおなじようにたどってきているにすぎない。
あしき見本はわが邦がつくったのである。
無責任で放縦。
わが邦の漁業である。

さんまがとれないのならがまんすればいいじゃないか。
さんまが高級魚になり、雑魚(ざこ)とよべなくなる。
それだけのこと。
そもそも雑魚などというさかなはない。
そのことにきづくだけでもましではないか。
さんまにたいしての無礼をわびる絶好の機会である。


nice!(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

この邦はブスとブ男がそのほとんどである [ことば]

わたくしはブ男である。
言葉はわるい。が、この邦はブスとブ男でなりたっている。
地域性はあるだろう。が、まちがいない。
この邦はブスとブ男がそのほとんどである。
ニッポンの一般的な感性はそのかれら(われらというべきか)がつくっている。
そねみ、ねたみ、などの一般的な感情はかれら(われらというべきか)なしではつくれない。

髪のうすいひとをハゲという。
よその邦ではハゲはブ男の範疇(はんちゅう)にははいらない。
肥満とて状態にもよろうがそれでブ男とはならない。
ニッポンではそのいずれもがブ男の範疇である。
においがしそうものなら、ブスはブ男に、さいてい、の烙印をおす。
においは個性といわれるものであるにもかかわらず。

かわいい、とか、美女、というのもニッポンとほかの邦とでは標準がちがうようである。
ビューティとはかわいいでも美女でもない。
が、ニッポンではかわいいといえば、こう、美女といえば、こう、と、一般的な標準はきまっている。
かわいい、も、美女、もニッポンの概念ゆえ、なのだろう。
で、それをつくりだしているのが、ブ男であり、ブスなのである。


nice!(0) 

挑戦するひと、挑戦しないひと [ことば]

ひとは、挑戦するひとか挑戦しないひとか、でわかれるのではなかろうか。
そうおもう。
もちろん挑戦しないひとが圧倒的におおい。
このよは挑戦しないひとでなりたっているといっても過言ではあるまい。
挑戦するひとはかならず失敗するだろう。
挑戦しないひとはもちろん失敗などしない。
けれど、失敗があたらしいものをつくっている事実。
これは無視してはならない。

小池百合子女史が挑戦しようとしている。
それはたぶんいままでのおとこたちがなしてきたことのふがいなさからくるものではなかろうか。
かのじょはほほえみながら、
だからおとこはだめなのだ、とはきすてたいきもちを我慢しているようにおもえてしかたがない。

頂点を国政にもってくるから、都知事に専念せよというのだろうか。
都政こそを頂点に、国政をその下位にもってきてもよいのではあるまいか。
なぜか。
それはそうおもうかおもわないか、でしかないからだ。
都政を優先します、というか、国政を優先します、というか。
それだけのちがいである。
それほどに荷はおもい。
それをよしとしてやる。
だまってみまもればいい。
それに、女史はまずは、だめなおとこのしりぬぐいからはじめざるをえないのだから。


nice!(0) 
ことば ブログトップ