So-net無料ブログ作成

桜木の見解。散る桜、のこる桜も、散る桜。 [ことば]

散る桜、のこる桜も、散る桜

諸君は散るわれら桜木の花をみて、その現象に特別な印象をもってくれているようである。
散るというのはきみたちが勝手につけたまったくおおげさな印象。
散るということは、けじめをつけているわけではなく、いさぎよさでもない。
死をいみしない。
つぎへのいち状況にすぎない。

散る桜というが、われわれ桜木はいきている。
散るとはいきているあかしでしかないのに。
花はかれる。
葉もかれる。
が、それは土をそだてるため。
己をまもるためである。
諸君とて、土よりいで、土に還るではないか。
桜木はやすやすとかれるわけにはいかない。
誤解してもらってはこまる。

化粧っけはないけれど、
寒風にさらされているときのわれら桜木のすがた、その堂々こそをうたっておくれ。
散る桜、のこる桜も、散る桜
良寛さんのおっしゃるところのことは、そのとおりだとはおもう。
断片をうまくとらえてくれてはいる。



タグ: 良寛 散る桜
nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。